アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「中東」のブログ記事

みんなの「中東」ブログ


ブッシュ・ついにイラク政策転換@全米テレビ演説

2007/09/13 23:27
先ほどブッシュ大統領がついに全米国民に向けてイラク兵の撤退を発表しました。

相変わらずどこかの国の首相ニは違って話し方は巧みです

CNNではこのテレビ演説に続いて、民主党共和党の大統領候補によるインタビューを続けました。相変わらずCNNのやる事は面白いです。



まずブッシュの演説ですが、要はクリスマスまでに5700人、来年7月までに5師団分=3万人の撤退です。ただこの数字は今年の2月に強行に増派した分を戻す程度の数字に過ぎず、果たしてこれで国民が納得するか疑問です。

当然インタビューに出演した民主党オバマさんもここをついました。


ブッシュのインタビューで僕がやたらと気になったのはAmbarという固有名詞が何度も出てきた事です。

これはイラクにある県の名前ですが、ここでのアメリカ軍と地元民との協力で治安が回復された→アメリカ軍撤退のサイン、としきりに訴えていました。もう少し全体像がどうなっているのか、を示した方が良かったかなと個人的には思いました。(これだと、単に世論と民主党に押し切られて撤退をした、という印象が強すぎます。まあ、実際そうなんでしょうけど・・・)


それから民主党ジョン・エドワードさんが言ってたと思いますが、アメリカはこれまででアルカイダ等強硬派をねじ伏せてきた訳ですが、そもそもイラクの根底にある問題はシーア・スンニ派にクルド人を加えた複雑な民族・宗教対立です。この解決にはアメリカはこれまであまり貢献しておらず、アメリカの対イラク支援策は軍隊派遣による武力鎮圧策から、知識人・政治家・宗教関係者等による外交政策にシフトするべきと言っており、これには僕も賛成です。


日本では給油をするかしないかなんてちっぽけな話でもめてますが、日本人ももっと視野を広くして、国際社会の一員として果たすべき役割をきちんと理解する必要があると思います。この辺は国民にきちんと伝えられない日本の政治家の未熟さによるところでしょうか?
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


賛成、反対?英人質兵士はストーリーを売ってもいいか?

2007/04/09 23:07
イラン情勢は日に日に緊迫化しておりますが、今日は先日解放された15名の英国籍国連兵士の話です。

CNNが面白いアンケートをやっています。

「英国人質兵士はストーリーを売ってもいいか?」

僕の意見は「反対」です

そんなの個人の自由じゃないかという意見もあるかとは思いますが、彼らはお金を目当てに任務を遂行している訳ではなく(勿論きちんと「給与」は与えられている訳ですが)、「名誉」という大きな対価の為にこの職についている筈です。
マスコミの前に立って真実を伝える「義務」こそあっても、目の前の「エサ」にぶら下がってしまうのは、彼らが持っている本来の崇高な志を台無しにしてしまう様な気がします

で、アンケートの途中経過では賛成56%、反対44%という事で、大勢は僕の意見の逆の様です。

ちなみに英国政府はマスコミに出てもいいけど、対価にお金をもらっては駄目と通告しました。

昔日本の商社で働いていた時、南米ペルーで人質事件が起こり、僕の上司も全員人質になりました。事件が終了してから、上司と今回の件と同じ議論をした覚えがあります。僕の会社の現地社長は人質の中でもリーダー的存在で、犯人側との直接交渉役を行っている立場でした。
当然、解放後マスコミや出版社から大きな「エサ」をぶら下げられましたが、のりませんでした。倫理観の問題だと思いますが、やはり彼の対応は妥当だったと思います。
ちなみに、某商社の社長はその後「本」を出版していました・・・

あなたはどう思いますか?
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


中東和平の切り札 Star Academy!!

2007/03/31 08:05
イラク問題に続き、イランは国連無視→英国兵士15名拘束、と中東情勢はかなり緊迫化しています。

そんななか中東和平の切り札の登場です。

第4回Star Academy Maghrebの優勝者が決まり、中東の若者が釘付けですっ!!

Star Academyとはフランスで大好評の番組で、一般人が共同生活をしながら将来のスターを目指して歌や踊りの練習をしながら、その生活を24時間テレビで中継して、毎週視聴者の人気投票のふるいにかけられ、最終的に残った一人が真のスターになるという番組です。アメリカのBig Brothersの変型版です。

フランスではとにかく人気で、僕も以前いた会社で本物のStar Academyに出てくる歌や踊りの先生にきてもらって合宿した思い出があります。

で今回のレバノンのテレビで中継したStar Academy Maghrebでは最後に残った4人の中から、中東中の若者のSMS投票により、イラクモロッコのハーフのShazaさんが見事優勝しました!! 

優勝して歌っているシーンなどを見ていると戦争なんてどこへやらという雰囲気でみな超盛り上がっています。

若者の心をつかむのはこれしかありませんっ!! 
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


チャベス反米包囲網が中米・中東にまで拡大?!ニカラグア新政権誕生

2007/01/14 15:33
今年も反米勢力の拡大の動きは続いています。

先日大御所ベネズエラ・チャベス大統領が自身3度目の大統領就任を行ったばかりですが、先週は中米ニカラグアにて17年ぶりに左派政権が復活しました。

新大統領は、あのニカラグア内戦開始時に大統領だったFSLN(Frente Sandinista de Liberación Nacional; サンディニスタ民族解放戦線)ダニエル・オルテガ氏です。

大統領就任式には写真の通り、チャベスの他、ボリビア・モラレス大統領も参加。新大統領は早速チャベス組(ALBA, Alternativa Bolivariana para la América;ボリバル代替統合構想)への参加を意志表明しました。国民の多数もこれを評価しているようです。

ただニカラグアの場合は、ベネズエラやボリビアと違って自国に天然資源がない上、自国経済の3割を日米を中心とした先進国からの経済援助に頼っている為、すんなりと「反米」という訳には行かないとは思います。

とはいえチャベス組が南米から中米に足を踏み入れた事は事実であり、脅威です。

でさらに、この反米包囲網にはあの中東イランまでも加わりそうですからかなり厄介です。

アフマディネジャド大統領は現在、チャベスグループ3カ国を訪問中で、ベネズエラに続き、今日はこのニカラグアにやってくるというのですから驚きです(最後はエクアドル)。

イラクだけでこれだけ手を焼いているブッシュ政権ですが、その裏でどんどん反米勢力が拡大しており、状況は緊迫化してゆくのではないかと懸念しています。

日本の首相はおフランスで「美しい国」ニッポン構想を披露されたとの事ですが、外交政策含めた具体策が全然みえてきません。この政権いつまでもつでしょうか??
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


サウジアラビアの抱える社会問題 移民問題 

2006/09/09 03:52
どこの先進国にいってもこの問題はつきものです。

トランジットビザで訪問した今回はわずか72時間の滞在でしたが、それでもこの問題については顕著に見えてきました。 

サウジでは人口2700万人のうち、実に560万人がアジア・中東近隣諸国からの移民で構成されています。 
そのうちの多くは、事前にサウジ企業のSponsorshipをもらって「労働者」として入国する人々ですが、別のカテゴリーとしてイスラム教徒として入国を果たし、教徒からの思召しで生活する人も多々見かけました(こちらはアフリカからやってくる人に多いように見受けました)

今回はフィリピン人の人たちと話をする機会が多くありましたが、彼らは現地でbrokerの言うままに借金をしてサウジにやってきたそうで、実際にやってきてみて、金銭的にはまだしも(それも最近は難しくなってきているという人もいました)、生活自体に満足しているという人はほとんどいませんでした。 やはり宗教の問題や(フィリピン人はキリスト教徒です)、傲慢なサウジ人に我慢ができない人が多いようです。

機会があれば、是非日本に行きたいという声を数多く聞きました(でも実際にはビザの取得が難しいという現実を知っている人も多かったです) 

はたから見ると、近年のオイルブームで絶好調のこの国ですが、その恩恵にあずかっているのは中層階級以上のサウジ人だけで、それ以外の人には全く縁のない話のように見受けました。 

最近MediaやInternetの影響からこうした社会問題がみえる様にはなってきたものの、まだまだ国王に統制されている国である事は明白であり(中国にある意味似てる様な・・・)、これに宗教問題がからんでいるから、中々解決の糸口は見えてこないのが現実です。

(←これがサウジの男と女の模範です) 

外からみると、この移民問題と女性差別の問題は、この国の抱える2つの大きな人権問題なのですが、中から議論を沸かせる事が中々できないのがまた大きな問題なのだと思います。



(→サウジ出国カード。赤字に注目!!あちこちで「死刑」の文字を見かけました)


とかこんな事かいて、このブログに規制とかかかったらまずいなあ〜。だから早く削除しちゃうかもしれません、あしからず。
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1


イスラムは女性ビジネスのお手本? サウジ・リヤド

2006/09/05 05:29
昨夜のまさか(?)の敗戦から明けて(といっても寝てませんが)首都リヤドにやってきました。

空港でタクシーの運転手が全然英語話せないので、もう行くのあきらめようと思ったのですが、30分位してようやく僕の「博物館」というアラビア語を理解してくれた運ちゃんがなんとか行きたかった国立博物館まで連れていってくれました。
象形文字やらアルファベットの起源がイスラムにあった事や、今では単なる石油王国のサウジが王族争いの歴史では、苦難の連続だった事などが分かってかなり満喫でした。

その後によったのが、現代サウジの象徴のひとつナある、99階建ての「Kingdom Tower」です。
上層階はオフィスビルやホテルで入れませんが、下の階はショッピングセンターとレストランになっていて誰でも入れます。

但し、面白いのはここの3階です。通称「Ladies Kingdom」と呼ばれ、文字通り女性専用の階で男性の顔色を気にすることなくお買い物ができるという訳です。
(写真の右に見える人が2−3階の間にいるガードマン。男性はここから上にはいけません)


本来、アバヤで顔を隠した女性の為に設置した、まさにイスラムならではの発想と思いますが、どうでしょうか?この発想は日本でも取り入れてみてはどうでしょうか?
痴漢対策として導入された地下鉄の女性専用車両とは異なる発想ですが、今やあらゆる商品の鍵を握るのは女性ですから、マーケティングの観点からイスラムのアイデアを拝借してみてはどうでしょうか?
下着や化粧品等を購入する際には、日本でも十分効果があると思いますが、女性の方いかがでしょうか?

ところで人々は昨日のサッカーの話を全然していません。というか、みんな僕のことをフィリピン人だと思っていて、ビザの話やら仕事の話の情報交換をしようとしてきます(お陰でタクシー代は安くて済みますが・・・)
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


踏んだりけったり、サウジ・ジェッダ(速報)

2006/09/04 05:08
今日は寝ないで書いてます。

ドイツ・ワールドカップのうっぷんを晴らすため、サウジによっています。

ちょうど前職の会社が世界各地と同様ここジェッダでも日本人会の幹事をしているため、日本人会枠で座席を確保してもらいました。JALやらリヤド組をあわせて180名くらいでの応援でした。

ドイツ直後という事もあり、どうしても比較してしまいがちですが、試合会場の雰囲気や、選手の試合に向けての態度等をみていて、かなりアマチュアだなあ〜(よくいえばアットホーム)という中での試合開始でした。

オシムさんも試合始まるぎりぎりまでスタジアムの外に出てこないし、全然やる気が感じられませんでした。

中盤から結構チャンスは作るものの、相変わらずの決め手不足で負けてしまいました。

帰りの日本人学校までの道のりには、僕らのバスの回りにサウジ人たちが車で並走してきて勝ち誇ってポーズをとっていました。もうどっと疲れがでてしまいました。

これから朝の4時半の飛行機に乗るため、ホテルを出発です(今2時です)

あ〜、ブラジルに負けたより100倍うっぷんが溜まってしまいました。

(写真はジェッダ日本人学校集合時の模様)<align="right">画像

この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日本はどうでる?対イラン制裁

2006/09/03 04:39
画像ここドバイにいると同じ半島の中で世界を揺るがす問題がいくつもおきているとは想像もつきません。(みんなのんびりワイン飲んでます、笑)。

核実験無条件停止の国連決議案をイランはついに無視してしまいました。どうしてでしょうか?
彼らには石油という強力な武器があるからです。
誰がお客さんなのでしょうか?それは日本です。

先日もイラン政府は日本の帝国石油との巨大Azadegan油田の開発契約を1ヶ月以内に締結する予定と発表しました。20億ドルの巨大プロジェクトです。

日本はアメリカのみならず世界全体がイラン制裁の方向に向いている中で、自国の利益の為だけにプロジェクトを推進するのはできれば避けたいところです。
しかし、原油供給先のポートフォリオを持っていない日本としては、イランを捨て駒にしてしまうと国家経済がマヒしてしまう可能性があります。さあ、日本はどういうカードを出してくるのでしょうか。

ところで、小泉さんは任期の最後の最後までのんびりと外遊を楽しんでいますが(少なくとも僕にはそう見えます)、外交政策では任期中ほとんど成果をあげていない、むしろ対アジア政策を中心にマイナスの結果を残した様な気がします。
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MIXIは規制サイトですっ!!@UAE

2006/09/02 19:29
今月2回目、今年に入ってからもう5−6回目になると思いますが、またまたドバイです。

と思ってメッセージを入れようと思ったら、MIXIが立ち上がりません。なんと、規制がかかっています!!確か前回まではこんな事はなかった筈なのですが(誰か怪しい文章でも書いたのでしょうか???)

という事でこのメッセージがアップできる頃は別の国にいるかと思います。

今年の夏は6月の全仏テニスの頃のパリが暑かっただけで、その後は冬のアフリカ、寒い8月のパリと、暑さ離れしていたので、ここドバイが余計に暑く感じます。今は大体40−45度です。
10分外にでたらすぐ冷房の効いた建物の中に入る様にしてます。これが結構気持ちよくって、癖になりそうです。

写真は近くのスーパーでそろえた朝食セットです。
ラクダミルクはちょっと癖があります。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


どうなる??中東情勢が泥沼化

2006/07/19 15:03
ちょっと前までのワールドカップのお祝いムードはどこへ行ってしまったのでしょうか??

今週末にはTour de Franceもシャンゼリゼにゴールするというのに、フランスのテレビ各局はレバノン情勢の特番を組み始めました。世界中が見守っているのは勿論ですが、やはりフランスと同地域の関係は特別なのです。シラク大統領は本日ドビルパン首相をレバノンに送り込みました。

残念ながら、小泉さんはG8の前にイスラエルを訪問した訳ですが、全く予想だにしなかった方向に急展開しており、全く効果なしとなってしまいました。 

ブッシュ大統領は2人のイスラエル兵を拉致したヒズボラに非がある(さらには彼らを側面支援するシリアも悪い)と言いますが、現地レバノンでは自由のための戦うヒズボラは日増しに国民から支持を得ているというから話はややこしいです。


ところでCNNをみていると映画の世界かと思ってしまうほど迫力のある映像が飛び込んできます(本当に死んだらどうするのだろう??と思ってしまうほど直撃レポートをしてます)

また、現地在住外国人の避難が本格化していますが、なぜか米国政府は避難用ヘリコプターを利用する米国国民に料金の徴収しているという事です。「自国民の保護」という責務がこれで達成されるのでしょうか??? 

この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


タイトル 日 時
まだまだ道遠い中東和平  イスラエル総選挙、カディマ第一党が確定
まだまだ道遠い中東和平  イスラエル総選挙、カディマ第一党が確定 またまた中東和平の道が混沌化してしまいそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/29 23:15
アメリカの人種差別?? ドバイポーツワールド(UAE)の英P&O落札を通じて
アメリカの人種差別?? ドバイポーツワールド(UAE)の英P&O落札を通じて 米国でまたビジネスに政治が待ったをかけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/25 10:05
バハレーンとサウジの関係 King Fahad Causeway
バハレーンとサウジの関係 King Fahad Causeway 島国バハレーンとサウジアラビアにはKing Fahad Causeway という全長なんと25kmの橋がかかっています! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/23 23:07
#103 バハレーン上陸!!
#103 バハレーン上陸!! カタール向かいの海に浮かぶ島国バハレーンにやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/22 23:03
とんだ18時間トランジット@ドーハ(カタール)
とんだ18時間トランジット@ドーハ(カタール) パリからドーハにやってきました。 約5年ぶりでしたがこれがとんでもなく疲れました。自称5starエアライン(どこがだよ?!)では全然眠れず、朝つくなり空港にLeft Luggageがない!ここは中国(?!)魂で粘り強くネゴって空港内においてもらうことにし、出かけるはいいが「世界で最もつまらない国」との定評のあるこの国では何もすることがな〜い。カフェでも全然wirelessとか整備されていないので仕事もできず、5年前にたどった道をまた廻ることになりました。 観光ではまだまだですが、人口たっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/21 23:47
パリ到着!
パリ到着! 急用があったので今回はドバイを素通りしてパリまできました。となると上海-パリ20時間はちと長かったなあ。 映画を計3本も見てしまいました(emiratesいまや500チャンネルもあってすごいですよっ) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/02/06 23:51
ドバイはいまや世界一の観光都市!!
またまたドバイの記録で〜す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/05 23:43
パレスチナ評議会選、ハマスが過半数の76議席獲得
パレスチナ評議会選、ハマスが過半数の76議席獲得 去る25日投票のパレスチナ評議会選挙で、イスラム原理主義組織ハマスが全体の58%にあたる76議席を獲得したそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/27 23:31
やっぱりドバイは注目!
やっぱりドバイは注目! 今朝の2時ですが3時半の上海行きのEmirates待ちで時間があるのでブログします。 前回も触れましたがドバイは本当に魅力的な都市です。その独特な雰囲気はやはりInternationalな都市ならではと思います。Emiratesにのっても10ヶ国語以上対応可能とか、町でもいろんな顔した人達が働いていてとても楽しいです。 今ClintonやAlbrightも参加しているLeaders in Dubai という大きなbiz conferenceが行われていて大前研一さんもスピーチでこのDubai... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/30 19:46
ドバイのDragon Mart
ドバイのDragon Mart 今回はパリ→上海の移動に最近お気に入りのエミレーツを選びました。本当はドバイから仕事でインドに入ろうと思ったら直前に飛行機がキャンセルになったので代わりにスリランカに行くことにしました。で、待ち時間が朝から夜までなので昨年完成したDragon Martこと中国ショッピングセンターを訪問することにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/23 20:01
ラクダはらくだ〜?オマーン編 
ラクダはらくだ〜?オマーン編  このブログのタイトルにあるように僕は新しい出会い・発見を探しに日々東西南北を歩き回ってます。今日はその中のひとつをご紹介します。 僕は上海とパリを往復する生活をしてますが、そのときにいつもどこかに寄り道してます。この前パリからこちらに来たときによったのが中東のオマ〜ンです。 首都マスカットで知り合ったフランス人とベルギー人の3人で1週間で車でオマーンをぐるっと1周しました。天然資源で経済はとても潤っており、町はきれいだし、中世の趣をそのままに残し、人もとても親切でとてもいいとこだと思いました... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/18 03:37

トップへ | みんなの「中東」ブログ

中国・欧州を拠点に世界制覇を夢見る社長の日記 中東のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる