アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
中国・欧州を拠点に世界制覇を夢見る社長の日記
ブログ紹介
上海パリを拠点にビジネスを展開し、真の”グローバルカンパニー”化を目指す、太陽の国メキシコからやってきた日本人(?)社長がおくる、世界の見聞録です。現在世界107カ国訪問済み。今後もこうご期待ください。
こちらのblogもよろしくお願いします。>


1日ワンクリ運動にご協力お願いします⇒
zoom RSS

あけましておめでとうございま〜す@昆明

2008/01/02 11:59
あけましておめでとうございます。 
正月にバンコクに移動し、熱帯気候にいったん別れを告げ、中国の昆明にやってきました。 

憧れの雲南省です

バンコクのセブンイレブンで買ったパンをそのままもってきたら、袋がパンパンです

→そういえば、Qちゃんや野口選手などがみな高地トレーニングに当地を利用していますよね。南米のボリビア・ラパス(標高3700M)までは行きませんが、久々にラパスで味わった袋パンパン状態の光景を目にしました。 

日中陽に当たっていると気持ちいいですが、日陰に入るとやっぱり寒いです。 

とまったホテルの向かいに先日お亡くなりになった黒川さんの設計事務所が手がけたアパートを建築中です。の概観で黒川さんらしいなあと思いつつ見学しました。
因みに値段は上海の3分の1程度で着実に上昇している様ですが、外国人の投資目的には昆明はどうかなあ〜という感じです。雲南省の観光地の拠点にひとつ持っているというのはアリかも知れませんが・・
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


来ました!のんびりブルネイ!! #109

2007/12/31 22:18
分かっちゃいたんだけど、全然時間なくて3ヶ月も穴が空いちゃいました・・・

この間に日本4−5回、中国国内もあちこち回って、書きたいこともたくさんあったけど、ごめんなさ〜い。 

今日は今年のしめくくりという事でがんばってかきます。 

訪問109カ国目になりますっブルネイですっ 


す〜ご〜く、の〜んびり してますっ

期待通りですっ。 

暖っかいし(本当はブラジル戻りたいんだけど、時間がないのでアジアを南下するにとどめました、今回は) 

ガイドさんいわく、「ブルネイ」は元々水上生活している民族の名前だそうです

バンコクから飛行機で着ましたが、機内の日本人の多さにはびっくりっ

どうやらみんなのお目当ては当地6ツ星ホテルに泊まる事みたいですね〜。 (ガイドは7ツ星といってたけど、ドバイのと比べるとやっぱ6つかな?) 

カウントダウン始まる前に食事を済ませるのでまた後で書きま〜す

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ついに希望の声が届くのか?!@ミャンマーA

2007/09/24 14:32
日を追う毎にミャンマーでの緊張が高まっていますっ


僕がちょうどいた先月15日の原油価格の倍引き上げに端を発した今回の抗議運動は、1週間前から全ビルマ僧侶連盟がこれに加わり、ついに昨日はヤンゴンでは万人規模のデモになったそうです。

(こうして道端のガソリンスタンド?で少しずつ油を買っています)


現地では色々な人に話を聞きましたが、「アウンサン・スー・チーの話をするのは日本人だけだよ」なんていう人までいてビックリしました。みな覆面警官が怖くて、表向きにはなかなか語ってくれないのが、現実の厳しさ・悲惨さを物語っていました。 

僕はどうしてもドー・スーに少しでも近づいて彼女の生き様に触れたかったので、彼女の自宅を目指しました 

彼女の家がある大学通りは入り口から警官が常駐しています。

下手なもめごとになるとまずいので、手前からタクシーで家の前を素通りする作戦に切り替えました。で、やはり家の前は複数の警官による厳重なバリケードがつくられていました。 



前から駄目なら後ろからと思い、家の裏にあるに回り、そこから家を覗く事にしました。 







地元の人にドー・スーの家を拝みたいと説明したら、「湖は胸くらいまでの深さだから、浸かって連れてってやろうか?」と言われましたが、余計なトラブルを引起す事は翻意ではなかったので丁重にお断りし、そこから対岸の彼女の家を眺め、暫く感慨にふける事にしました。 


あれからたった1ヶ月。状況は大きな展開を見せていますっ

88年から続く軍事政権、3度にわたるスー・チーさんの自宅軟禁に終止符が打たれ、ついに民主国家誕生の希望の声が天に届くかも知れません。 


それには国際社会からの後押しも必須です。 

とても驚いた事に米国は現在、大学通りのスー・チーさんの家のすぐ近くに新たな大使館を建設中です。明らかに軍事政権へのプレッシャーです。 

NLD(国民民主連盟)とSPDC(国家平和発展評議会=軍事政権)の一番中立的な立場にたてるのは日本と言われてきたのですが、今回僧侶連盟は中国に仲介を依頼している様です。

過去の清算という意味でも日本はもっと深くかかわるべきと思いますが、国連での立場も含めて中国が台頭してきた、という構図でしょうか。 


民主主義が当然と思っている日本だけに住んでいると実感が湧かないと思いますが、世界にはまだまだ明日の生活がままならない国が沢山あります。
そして日本は正しい道へ導く事が出来る立場にいます。

他人事だとそっぽを向かないで、是非積極的に手を差し伸べようではありませんか!!


なお、ミャンマーについてはちょっと勉強してみたいという方には、こんな本をお勧めします。 
http://www.amazon.co.jp/%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E5%A3%B0%E2%80%95%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%84%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%AF%BE%E8%A9%B1-%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BC/dp/4000225081/ref=sr_1_2/249-6323643-5504358?ie=UTF8&s=books&qid=1190611132&sr=8-2
(スー・チーさんの人となりが本当によく理解できます)

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%9E%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E6%94%BF%E6%A8%A9%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BC-%E8%A7%92%E5%B7%9Done%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E21-%E7%94%B0%E8%BE%BA-%E5%AF%BF%E5%A4%AB/dp/4047041297/ref=pd_sim_b_1/249-6323643-5504358?ie=UTF8&qid=1190611132&sr=8-2
(ミャンマー情勢・歴史のイロハを学ぶにはこれから)

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%9F%B3%E7%94%9F%E4%B8%80%E6%97%8F-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%AB%98%E9%87%8E-%E7%A7%80%E8%A1%8C/dp/4087460231/ref=pd_sim_b_3_img/249-6323643-5504358?ie=UTF8&qid=1190611132&sr=8-2
(これはちょっと本題からそれてるけど面白い事は面白い)


この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


経済成長に環境汚染の切っても切れない関係 @世界10大汚染都市発表

2007/09/16 18:43
世界高度経済成長の代名詞BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)からなんと都市がトップ10にランク入りですっ

国際環境NGOのBlacksmith Institute 世界10大汚染都市を発表しました。 

中国2(山西省 臨フェン、安徽省 田営)、インド2、ロシア2です。

以前ブログでも現地レポートしたと思いますが、あのチェルノブイリも入ってます。 



ここにランク入りしている町は、ほとんど国の経済発展の為に建設された化学工場や地下資源採掘場が近くにあり、汚染物垂れ流しのため土壌・水質が汚染されている所が多いです。
この他に勿論、大気汚染も深刻な地域があります。 

先日の大連で開催された世界経済フォーラムでもBBC主催で「中国は持続的経済発展と環境汚染防止は両立できるか」というテーマでDebateしてましたが、簡単には答えは見付からないようです。 やはり短期的には、政府が税金や罰則を設けて企業を強制的に押さえ込みつつ、環境新技術や新エネルギーを随時導入してゆくという中長期的政策の2段階政策の実行といった所が落としどころなのでしょうか。

多くの公害を乗り切ってきた日本の経験が生かされるところです。
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


中国の大金持ちは尊敬に値せず?!@中国一般人向けアンケート調査

2007/09/15 23:17
中国青年報に僕が普段感じている事を裏付けるようなアンケート結果がでていました。 


同紙が中国一般人3990人を対象に「中国大金持ち」の印象に関するアンケートを行ったところ、実に70%の人たちが彼らはモラルが欠如していて尊敬には値しないと答えたとの事ですっ

これには日常大金持ち中国人に接している僕としても全く同感ですっ

彼らは一種悪魔に取り付かれているかの様で、文字通り「金の亡者」で、時々みてて怖くなります


中国の金持ちには、「社会的責任」、「法律に則る精神」、「慈愛の心」が欠けていると言います。

要は中国伝統の自分は自分で守る精神が行過ぎてしまい、周りの事を顧みる余裕すらなくなっているのだと思います。

ビル・ゲイツの例が挙げられていますが、先進国の大金持ちは必ず社会貢献寄付にお金を回しますが、中国ではそういう光景は全く見られません。
また自分が儲かるのであれば、贈収賄などの法を犯す事も平気です。

今は高度成長期だからこうした光景も致し方ないのかもしれませんが、社会がもっと落ち着いてきたら彼らの姿勢も次第にかわってくるのでしょうかね〜。


別に僻んでいる訳ではありません、念のため
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


ブッシュ・ついにイラク政策転換@全米テレビ演説

2007/09/13 23:27
先ほどブッシュ大統領がついに全米国民に向けてイラク兵の撤退を発表しました。

相変わらずどこかの国の首相ニは違って話し方は巧みです

CNNではこのテレビ演説に続いて、民主党共和党の大統領候補によるインタビューを続けました。相変わらずCNNのやる事は面白いです。



まずブッシュの演説ですが、要はクリスマスまでに5700人、来年7月までに5師団分=3万人の撤退です。ただこの数字は今年の2月に強行に増派した分を戻す程度の数字に過ぎず、果たしてこれで国民が納得するか疑問です。

当然インタビューに出演した民主党オバマさんもここをついました。


ブッシュのインタビューで僕がやたらと気になったのはAmbarという固有名詞が何度も出てきた事です。

これはイラクにある県の名前ですが、ここでのアメリカ軍と地元民との協力で治安が回復された→アメリカ軍撤退のサイン、としきりに訴えていました。もう少し全体像がどうなっているのか、を示した方が良かったかなと個人的には思いました。(これだと、単に世論と民主党に押し切られて撤退をした、という印象が強すぎます。まあ、実際そうなんでしょうけど・・・)


それから民主党ジョン・エドワードさんが言ってたと思いますが、アメリカはこれまででアルカイダ等強硬派をねじ伏せてきた訳ですが、そもそもイラクの根底にある問題はシーア・スンニ派にクルド人を加えた複雑な民族・宗教対立です。この解決にはアメリカはこれまであまり貢献しておらず、アメリカの対イラク支援策は軍隊派遣による武力鎮圧策から、知識人・政治家・宗教関係者等による外交政策にシフトするべきと言っており、これには僕も賛成です。


日本では給油をするかしないかなんてちっぽけな話でもめてますが、日本人ももっと視野を広くして、国際社会の一員として果たすべき役割をきちんと理解する必要があると思います。この辺は国民にきちんと伝えられない日本の政治家の未熟さによるところでしょうか?
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


安倍さん辞任にみるリーダーとしての教訓

2007/09/12 22:27
過去にブログでも予測しましたが、ようやく安倍さんが辞任しました

「運が悪かった」とする意見もありますが、世論の大半は「辞任は当然」、かつ「辞め時があまりにも無責任」というもので、彼にとってはこの先の自身の政治生命に大きな禍根を残した結果となったのでは無いでしょうか。


次元は違いますが、同じリーダーとして、「引き際の重要さ」を教訓として学んだ様な気がします。

周りの部下を何人も犠牲にして自分だけが最後まで椅子にしがみつき、本当ににっちもさっちも行かなくなったあげくに、「党・国政の潤滑な運営の為に」とか「テロ撲滅の為に」とか言われても全く説得力がありません。

リーダーとして必須の「危機管理能力」「状況判断能力」「求心力」「実行力」等々、どれをとっても欠如しているとしか言いようがありません。

こちら中国でも早速討論番組が組まれていますが、「理想ばかりかかげるイデオロギー主義者」とか「2世議員がはびこる日本政治は問題あり(これには全く同感」とか滅茶苦茶言われています。


僕が思い浮かぶ安倍さんの唯一のポイントである中国との関係改善強化についても「安倍はそもそも反中論者で、首相になったのでとりあえず表向きには中国批判をしなかっただけ」とまでコケおとされてます。


自民党の次の一手が非常に重要です。ただあまりに駒不足なのが気掛かりです



ところでやはり奥様のブログは終わってしまうのでしょうね・・・
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


おめでとうミレニアム!!@エチオピア

2007/09/10 21:21
エチオピアのお客さんから季節外れのグリーティング・カードが届きました


エチオピアは西暦とは異なる暦を利用しており、なんと今年の9・11にエチオピアでは2000年のハッピー・ミレニアムなのだそうですっ


現地は3日間かなりのお祭り騒ぎみたいです。

エチオピアの人たちはこれを機会に、エチオピアの飢餓・貧困等のNegativeな面だけではなく、文化・習慣などエチオピアの魅力を全世界の人たちに是非知ってほしい、と願っている様です。



独自の文化を守り続ける本当に神秘に満ちた国、エチオピア。


僕のお気に入りの国のひとつです

皆さんもこのミレニアム・ソングでも聞いて遠い国に思いをはせてみてくださいっ!!

おめでとうっ2000年
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いきなり大波乱!!ラグビーワールドカップ2007開幕@フランス

2007/09/08 06:15
いよいよ開幕ですっ!! 

ラグビーワールドカップ2007@フランスですっ!!

なのにっ。僕はパリにいません・・・

チケット取れなかったのですっ

いきなり大波乱です

たった今終わった開幕戦でフランスアルゼンチンに負けちゃいました

サッカーではありません

フランスはずっとボールを支配してましたが、アルゼンチンのディフェンスラインが最後までトライを許しませんでした。

フランス勢はホスト開催のプレッシャーもあった様に見受けました。

これなら明日の日本ももしかしたら

いっちゃおうかな〜フランス
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


民主化にはほど通い道のり ミャンマー@ヤンゴン

2007/09/05 03:13
久々に新しい国への訪問です。
108ヶ国目として、ミャンマーヤンゴンの地を踏みました。



これまでにも政治的問題がある国をいくつも訪れてきましたが、この国ほどそれが表面的にモロに見えてくる国はなかなかありません。

訪問の目的はずばりふたつ、@アウン・サン・スーチーさんの取り巻く環境と民主化の可能性、Aミャンマーと北朝鮮の繋がり、を垣間見る事です。何回かに分けてブログしたいと思います。


空港から迎えの車で市内に向かうと早速目的のひとつにつながる情景を目にしました。
空港から市内に向かうPロードという街道沿いに、一軒家を利用した韓国料理屋がたくさんあるのです。


先日日本に帰ったときに丁度レポートを見ましたが、北朝鮮政府が外貨獲得のためにアジアの各地に朝鮮レストランをオープンさせているとの事で、この通りにも幾つかあるのだろうな、と思いながら市内へ向かいました。 

両国の関係は、韓国とミャンマーの閣僚・記者ら21人が亡くなった83年のラングーン事件以来、国交を断絶していましたが、ついに今年4月に回復しています。世界で最も閉ざされた両国が寄り添いあうのはごく自然の流れというものでしょうか。

アジアの空前の経済発展の最中に、世界で完全に取り残された2カ国が同じアジア域内にあるというのも何か不思議な思いがします。

さて朝鮮レストランをあとにしていよいよ市内に入ってゆくと、車が増えてきますが、発展途上国の典型というか、どれもこれも日本製の中古車です。

さらに目に付くのはギュウギュウ詰めのバスは僕の地元の神奈中ではないですかっ!!

  おっ!江ノ電もあったっ!!



ついでにホテルの車は神奈中タクシーだっ!!




お国に多少役立ってはいるのでしょうが、一方で、軍事政権下でも相変わらずこうして日本政府はODAを続けていると思うと、情けない思いがしてなりません。
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


通貨危機から10年たってA @タイ・チェンマイ

2007/08/31 16:37
滞在の最中、日本に先立ちタイで史上初めての「国民投票」が行われました。 

投票当日はタクシンのお膝元、タイ北部のチェンマイにいました。 

チェンマイといえば、日本の定年退職夫婦のロングステイ先として注目されている町ですが、健康志向の強い彼らからクレームでもきているのでしょうか???





この国民投票は、新憲法案の是非を問うもので、結果としては60−40で賛成が多数を占め、憲法案承認となり、同時にスラユット首相が年内総選挙を確約しました

ただこの反対票が40っていうのが高すぎで、チェンマイはじめ東北部では数字が全く逆転しているなど、クーデター後のタクシンなきタイ情勢はまだまだ混沌としているのが実態の様です。 

反対票にはやはり前タクシン政権で恩恵を被ったのに、新軍事クーデター政権下では何もなくなった、というのが原因の様ですし、賛成票の中には、早く総選挙を通じて民政に移管してほしいという思いからとりあえず賛成票を投じたものも多く含まれる様です。

タクシンcome back も含め、暫くタイでは何が起こるか分からない状況が続きそうです。


政治の事なんてどうでもいいっ(僕の憶測に過ぎません・・)と一日中チェスに興じるチェンマイの人々
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


通貨危機から10年たって@タイ・バンコク

2007/08/30 04:49
97年のタイ・バーツ暴落に始まったアジア通貨危機から10年がたちました。 

暴落直前に大量購入したバーツ(超おバカでした・・・)も10年の年月を経て奇跡の回復ですっ 

だからという訳ではありませんが、バンコクを視察にきました。 


これぞ、タクシンパワーといっていいのでしょうか?! 


インフラが目覚しく改善しています。 昔は空港脇の駅に走ってドアの閉まらないトロッコ電車みたいのに飛び乗って街中まで行ったものですが、現在は空港も新しくなり、ハイウエイが完備されてます。近々スカイトレインも空港まで繋がる様です。

バンコクの街中も地下鉄やスカイとレインが整備されているし、スカイウォークなる空中歩道であちこちのおしゃれなショッピングモールが繋がれており、とっても快適な街に様変わりしています。 

ところで逮捕状まで出ているタクシンの評判ってどうなんだろうとあちこちで聞いていたのですが、タクシーの運ちゃんがちょっと面白いこと言ってました。 

このタクシー乗ったら、天井がピーポーピーポーしているので、何でだろうと思っていたら、運ちゃんが「お客さん、あなたはラッキーですよだってこれは覆面パトカーだからっ

「なぬっ」 

そうです。この運ちゃん、副業で夜間や非番の時にタクシー運ちゃんやっているのだそうです。


といっても月給は本業1万バーツ(300ドル)、副業3万バーツ(900ドル)と完全に逆転してるそうです。 

でこのポリ運ちゃんにタクシンのこと聞いたら、「これだけ国がよくなっているんだから、ワイロ位くれてやる!!」と完全支持派です 

タクシンのおかげで、安いローンで車買えたし、副業できるし(放任主義らしい・・・)、本業のおかげで子供が大学までタダで行けるし、食堂もタダになのだそうです

逆に昨年のクーデターを支持するタクシン反対派の方が多数いる事も事実で、タクシンマジックの恩恵が地方や社会の底辺にまで行き渡っていない事の現われだと思います。 
(続きは後日へ) 

モスバーガーに行列ができるのも、先進国への憧れ?!






この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


貧血には高麗人参ですっ!!

2007/08/27 03:36
3週間にわたって上海→日本→華南→タイ・ミャンマー→華南→上海とぐるっと回ってきました。 

詳細はおいおいブログするとします。

東南アジアから帰ってきたせいか、上海がだいぶ涼しくなったような気がします。 


溜まった郵便物をチェックしていたら、日本で受けた健康診断の結果がきてました。
で、な、なんと、生まれて初めて要再検査の通知ですっ!!

どうやらが足りなくなっているようです。 

中国で毎日頭に血が上っているのが原因としか考えられませんっ。

で、さっそく漢方薬局屋にいきました。


家の近くにこんな立派な薬局がありました。 







症状を説明すると、「紅参=高麗人参」を薦められました。 中国・吉林産の安いのもありましたが、ここは昨今の「中国・食の安全」事情も考慮し、思い切って北朝鮮の本場モノを購入しました。

どうやって食べるのかな〜と思っていたら、店員のおばちゃんがその場で箱から人参を取り出し、レンジでチンしたあと、この専用の機械で人参を切ってくれました。 





因みに、ナツメ赤豆もいいと言われました(要は赤のつくタベモノは何でもよさそうだな?!)

早速ウチで蜂蜜と混ぜてお茶にして飲んでみたら、確かに血の気が戻ったような気がしました(なんて単純なボク!!)

貧血の際はぜひお試しを!!
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ここも涼しいですっ!@広州

2007/08/11 23:36
日本1週間の滞在を終え、中国・広州に入りました。 

真夏とは思えない涼しさです26度しかないです。 

台風が過ぎ去ったばかりだそうで、連日の雨のおかげで気温があまり上がっていないようです(確かに最近の天気予報はいつも雨に見舞われない上海エリアがダントツです)

空港から乗ったバスに座った隣のかわいい女の子と道中話していたら、彼女は湖南省の省都長沙から帰ってきたところだそうで、なんでも市の中心部のマンションを購入してきたのだそうですっ!

上海でもそうですが、日本だったら合コンでもノリノリでやってそうな20歳前後のかわいい女の子がマンション購入とかしているので、本当にびっくりです。

気になるお値段の方ですが、新築140m2で4000元/m2だそうですから、ざっと上海の3〜4分の1です。確かに投資目的には良さそうです。 


ちょうど長沙は今後伸びる内陸都市の一つとして興味を持っていた町だったので、近々案内してもらう約束をとりつけましたっはは
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


北京五輪まであと1年

2007/08/08 23:48
今週も東京にきました。
涼しくて気持ちいい〜 空気もきれ〜い

北京五輪まであと1年ということで日本の報道もいろいろやってますね〜

でもいつもの事ながらnegativeな面ばかりあおりすぎですっ


某テレビ局では
タクシーに乗込み、運ちゃんが英語できるのか?を試してます。

意地ワル記者は「シェラトン」に行きたいと頼んでます。

で、予想どおり「ヒルトン」に着きました!!

中国語では「ヒルトン」は「希尔顿」となり、発音では「シェラトン」に限りなく近くなってしまうのですっ!!(もっと違う当て字にしろっという議論はありますが・・)


だいたい、日本のタクシー運ちゃんだって全然英語できないだろ〜??!

こんなつまんない事を文句言う前に、外国にきたんだから簡単な外国語くらい覚えてこいっつ〜の!
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地に落ちた?Tour de France?でもおめでとうContador!!!

2007/07/30 04:09
のスポーツたけなわといったところでしょうか? 


5年ぶりにこの日にパリシャンゼリゼにいません。

先ほどTour de Franceがパリでフィニッシュしました。 


ドーピング疑惑がレース中に数多く持ちあがり、チームごとリタイアするわ、途中Maillot Jauneを着てる選手がいない事態になるわ、テレビスポンサーはいなくなるわで、しまいには関係者から「今年はもう止めてしまえ」だの「今年はMaillot Jaune空席にしろ」、さらには「自転車はオリンピックから外せ」だの前代未聞の事態に陥ってしまいました。 

でも最終的にはTeam Discoveryのスペインの若者Alberto CONTADORが優勝してMaillot Jauneを着ました!!


優勝インタビューでもスペイン語しかしゃべらないで、どこかテニスのRafael NADALを彷彿させますっ!!

それにしても、世界でもっとも過酷なこのレースで近年ドーピング問題が絶えません。

キツイのは十分わかりますが、選手たちの一生懸命な姿に毎日汗・涙を流しながら応援している我々を裏切る様な行為だけはやっぱりやって欲しくはないですね。

アジアではサッカーでアジアカップでイラクが優勝しました!!
本当におめでとうございます。
戦禍のイラク国民の少しでも元気づけになれば良いですね。

日本にはやはり驕りがあったと思うし、イラクの様なハングリー精神は微塵も見られなかった気がします。2回も負けているのに「選手はよくやった。アジアではやっぱり一番だ」とかいっているオシム監督はちょっとです。参院選挙で負けた安倍首相とオーバーラップしてしまいます。プロは何時も結果がすべて、と僕は思います。
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


がんばれ井口!!フィラデルフィアもいいよ

2007/07/29 16:49
突然でしたねえ〜フィラデルフィア・フィリーズへの移籍


井口選手も正直ショックだったようですが、気持ちを切り替えてがんばってください!!




僕も2年間住みましたが、引っ越すまではなんてとこ行くんだろうと思いましたが、今ではとてもなつかしいアメリカの第二の故郷です。 

日本人にはあまりなじみのない町で、ギャングの町くらいにしか思われていないのではないでしょうか? 

でも、実は、アメリカ合衆国独立の地ですし、人口でも全米第位になる巨大ビジネスタウンです(ニューヨークに近いので、日本企業はあまり拠点を設けていません) 

そして巨大大学が集中する学生タウンでもあるのですっ!!
おかげで町にが多いし(リスがいっぱいいます)、とてもコンパクトにできていて、すごく住みやすい町です。


さらに、知る人ぞ知る、全米一のグルメタウンなのですっ!

ZAGAT Surveyでも町のレストランRating averageが全米トップなのです!!

日本食でもあの鉄人(アメリカでもアイアンシェフとして有名)の森本さんのお店「MORIMOTO」があります。 

あとは町の自慢料理といえば、当然「フィラデルフィア・チーズステーキ」でしょう!!

スポーツに至っては、残念ながら昨シーズン、NBAスーパースター・アイバーソンがついに移籍してしまいましたが、76ersがいますし、NFLでもスーパースターQBマクナブのイーグルス、NHLだってフライヤーズがいます。4つのメジャースポーツにすべてのチームを持っている町は全米でもほとんどありません。
市民はそれくらいスポーツが大好きです

というわけで、気持ちを入れ替えて、ぜひぜひフィリー第一号日本人選手として、プレーオフ進出に向けてがんばってください!!
ユニフォーム似合ってますよっ〜
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


参院選後のシナリオを読んでみましょう!

2007/07/28 22:30
上海は暑いなあ〜と思ったら中国の中で最高気温を記録しているじゃないですか!!


日本は明日(もう今日かな?)は選挙ですね〜


僕は今回も選挙権がなくて指をくわえて見ているしかありません・・・・

みなさん選挙後の政権はどうなっていると思いますか? 


僕は安倍さんの辞任は避けられないと思っていますが、代わりが誰なのかな〜と思うと、問題発言をしたとはいえ、他にいないから麻生さんなのかな〜と思います。 

これに関して、世界的な投資家のジョージ・ソロス氏が面白いことを言ってます。

「安倍日本は(小泉前の)寝ぼけた状態に戻ってしまった。」

「小泉クローンか小泉の復活が必要」

まったく同感です。日本には常識にとらわれないアウトローの人材が必須と思います。
みなさん如何でしょうか?
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


韓国人23人人質事件で思うこと@アフガニスタン

2007/07/26 23:20
相変わらず暑いですね〜

道路に水撒き車がでてましたけど、そのまま蒸気となり、サウナですよっ!!

金茂タワー(グランハイアット)の54階で打ち合わせしましたが、そこから見る景色も、いつものスモッグにさらに拍車がかかってました。


そういえば、夕方にそごう(久光)で買い物をしたら、いつもとは違うおが目に留まりました。
何か中国語でゴチャゴチャ書いてあって「198元」とあるので、中国産の新手の「なんちゃって日本米」かと思ったら、ホンモノ日本米の売り出しだったのですね〜

今晩の日本のメディアでえらく報道してますが、中国の20倍!!っていうところばかり強調してますけど、ちと大げさですよ。 中国にだっていろんな米売ってますよ!

僕は中国でもフランスでもタイ米しか食べませんが(一番カリフォルニア米に近いのです!)、タイ米だって中国の一番安い米の倍くらいするぞ〜 


だらだらと日記になってしまいましたが、韓国人人質の件はみなさんどう思いますか? 

個人旅行で行っていたら論外と思いますが、この団体もイスラム過激国家にキリスト教会系のグループがこぞって慈善活動に行く、しかも治安上最も危険と分かっているこのタイミングで行く、というのはどうなのでしょうか? 

行くときは自己責任ですが、何かあったら自国民保護の立場から韓国政府が介入せざるを得ません。

勿論、事件に遭遇されたご家族の方は大変気の毒とは思いますが、本件終了後には、韓国政府の危機管理体制が問われる前に、この団体の危機管理能力や状況判断能力が問われるべきではないでしょうか?

かくいう自分も「明日はわが身」と心がけ、日本政府やテロと戦う国際社会の足を引っ張らない様に行動したいと思います。
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


YouTube/CNN コラボ 米民主党討論会!!

2007/07/24 22:25
今朝7時(日本は8時)から史上初の企画YouTubeCNNのコラボ企画、民主党Debates(討論会)が行われました。

理屈ぬきにこれは面白かっったですっっ!!

全米3000のYouTubeにアップされた質問をCNNが選りすぐって、3時間にわたって議論をぶつけ合いました。

日本でも早ければ参議院選挙後にリーダー交代があるかも知れませんが、是非使ってみてほしいものです。
朝までテレビ」なんかより、ずっと国民の目線で議論がなされていて面白いです。


候補者側の持論のみを一方的に展開されるだけだと眠くなるところでも、国民からの面白いビデオを挟む事によって視聴者を釘付けにしてしまいます。
各候補者の回答時間を30秒に厳格に区切っていたのもミソだったかもしれません。


まあ質問の対象もどうしても「オバマ」と「ヒラリー」に集中してしまっていましたが、確かに受け答えをみていると、民主党からはこの2人のうちどちらかだな〜という気にさせられます。

個人的には「オバマ」に1点っ(点もってないですけど・・)とところです。

ところで皆さん「Obama girl」はご存知でしょうか?

強烈ですっ。日本では絶対受け入れられないでしょうが、さすが、エンタメ帝国アメリカ!!というところでしょうか!!(僕はこういうの大好きです。ハハハ

オバマとの繋がりは否定していますが、個人ではこれだけ精巧なビデオ作れないと思います。CD出したらMTVで絶対上位ランクインしますよ、これは!!


既に民主党で勝つ事を前提に、第二弾ビデオ「Obama girl vs Giuliani girl」が出てますっ!!

オバマ陣営は、Youtubeという今一般国民に一番リーチの利くツールを利用して、相当念入りなマーケティング戦略を練ってきているなあと関心してしまいます。

因みに共和党Debates は9月17日だそうです。
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

中国・欧州を拠点に世界制覇を夢見る社長の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる