中国・欧州を拠点に世界制覇を夢見る社長の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国の大金持ちは尊敬に値せず?!@中国一般人向けアンケート調査

<<   作成日時 : 2007/09/15 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

中国青年報に僕が普段感じている事を裏付けるようなアンケート結果がでていました。 


同紙が中国一般人3990人を対象に「中国大金持ち」の印象に関するアンケートを行ったところ、実に70%の人たちが彼らはモラルが欠如していて尊敬には値しないと答えたとの事ですっ

これには日常大金持ち中国人に接している僕としても全く同感ですっ

彼らは一種悪魔に取り付かれているかの様で、文字通り「金の亡者」で、時々みてて怖くなります


中国の金持ちには、「社会的責任」、「法律に則る精神」、「慈愛の心」が欠けていると言います。

要は中国伝統の自分は自分で守る精神が行過ぎてしまい、周りの事を顧みる余裕すらなくなっているのだと思います。

ビル・ゲイツの例が挙げられていますが、先進国の大金持ちは必ず社会貢献寄付にお金を回しますが、中国ではそういう光景は全く見られません。
また自分が儲かるのであれば、贈収賄などの法を犯す事も平気です。

今は高度成長期だからこうした光景も致し方ないのかもしれませんが、社会がもっと落ち着いてきたら彼らの姿勢も次第にかわってくるのでしょうかね〜。


別に僻んでいる訳ではありません、念のため
この記事が気に入ったらクリックお願いします⇒

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
同国の金持ちをそのように評価しているところをみると、
格差社会の広がりを感じているのはどこの国も同じようです。
anri
2007/09/16 10:52
anri さんのおっしゃる通りですね。
あと中国の特徴だなと思うのは、大金持ちはメディア等を通じて有名になってしまいますが、小金持ちは質素な生活を装い、自分がそうである事を隠します。余計な嫉妬やたかりや批判の目を向けられたくないという気があるのでしょうか?
marco
2007/09/16 17:39
昔昔〜あるところに、一匹の狐はいた。ある日、狐がおなかがぺこぺこ空いてた。彼はどこへとも無く歩いてて、食べ物を探してた。突然、ある農家が見えてくる、その農家の庭には、葡萄の藤があった。その藤に、葡萄がいっぱい実ってて、すごくおいしそうだった。狐は急いで駆け寄って、葡萄を食べようとした。でも、葡萄の藤はあまりにも高すぎて、狐はドンだけ飛んでも、葡萄にも届かなかった。結局、狐はあきらめた、項垂れて、帰ろうとしたとき、もう一匹の狐が葡萄を狙ってやってきた。「ここの葡萄は、おいしくないよ!すごく酸っぱかったの!やめとけ!」とあきらめた狐は葡萄を食べようとする狐に言った。
さ〜〜
2010/04/29 01:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国の大金持ちは尊敬に値せず?!@中国一般人向けアンケート調査 中国・欧州を拠点に世界制覇を夢見る社長の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる